チャットレディを本業にして、チャットレディの収入のみで生活することはできるのでしょうか?

またチャットレディを本業にしたときの不安要素についてもアプローチしていきます。

チャットレディを本業にしている人は多い

チャットをする女性

実際にチャットレディの報酬のみで生活している人はたくさんいます。

稼いでる人は、たったひと月でサラリーマンの年収くらいの金額を稼ぎ出しています。

アダルトじゃなければ生活するほど稼げないかというとそんなことはありません。

服を脱がないノンアダでも普通のOLよりははるかに少ない仕事時間で、大体月30万円程度は稼ぐことができます。

でもノンアダで顔出しをしない人や、テレフォンレディ、メールレディはその収入だけで生活することは難しいでしょう。

チャットレディを本業にしたときの不安要素

しかしチャットレディを本業にするには不安な要素もあります。

それは、以下のような点です。

  • 完全歩合制
  • 常連客によって収入が変動する
  • ライバルが増えると稼げなくなる

完全歩合制

グラフに悩む女性

完全歩合制なのでお客さんが少ない時期だと収入が落ちてしまいます。

例えばお客さんの仕事やプライベートが忙しい時期になるとサイトの利用者が少なくなります。

また、景気の悪いときは、お客さんの収入が落ちますので、余裕がなくてサイトの利用を控えるということがありえます。

例えば2008年のリーマンショックのときは、大幅にサイトの利用者が少なくなりました。

利用者が少ない時期は収入は少なくなります。

常連客によって収入が変動する

また常連客が減ると、収入が落ちることがあります。

例えば毎日1万円分くらいチャットしてくれていた常連客が急にいなくなると、その客からの収入は0になります。

つまり月額で約30万円収入が減ることになります。

他にも常連客がたくさんいれば問題ありませんが、その常連客の収入に頼り切って生活していた場合は、一気に生活が苦しくなってしまいます。

ライバルが増えると稼げなくなる

スマホを見て不安になる女性

サイトに登録している男性客の数には限りがあります。

その男性客とチャットをするために、あなたはほかのチャットレディと競い合わなくてはいけません。

今後もしチャットレディに登録する女性が増えてくると、思うように稼げなくなる可能性があります。

別の仕事もしておいたほうが安心

パンダ店員

このようにチャットレディで生活していくのは、収入が安定しないだけに不安をかかえながら行うことになります。

ですのでチャットレディだけでずっと生活していくのではなく、他にも仕事を持っておいた方が安心できると思います。

あと在宅チャットレディを本業にすると、パソコンでしか人と接することがなくなり、直接誰かと会うことがなくなります。

ですので人と接する機会が増やすために、別の仕事も持っておいた方がいいかもしれません。

おそらくチャットレディの仕事自体が今後なくなるということはないでしょう。

なぜなら男性の女性に対する欲求はずっと尽きることがありません。

そして男性は自分の欲求を満たすためにお金を払い続けます。

男性の弱みに直結している仕事ですので、チャットレディの業界自体は安泰だと思います。