チャットレディの仕事をするのに、マイクを通して自分の声をお客さんに聴かれることに抵抗がある人もいるのではないでしょうか?

自分の声が女子アナのようにきれいだったら自信を持ってマイクで話せるのでしょうが、低いかすれ声だったり滑舌が極端に悪かったりすると、できれば声をお客さんに聴かせたくないはずです。

また、パソコンで文字を打つのは得意だけど、しゃべるのは苦手という人もいるはずです。

チャットレディはマイクなしでタイピングのみでも大丈夫なのでしょうか?

タイピングのみでOK

パソコンを打つクマ

答えはタイピングのみで大丈夫です。

どのサイトもカメラの設置は義務付けられていますが、マイクは付けることは自由選択となっています。

ですのでもしあなたが声を出したくなければ、声出しNGにすることは可能です。

自分の声にコンプレックスがあって、自分の声をお客さんに聴かせるとイメージが壊れてしまいそうだったり、話し下手なので話すのはとにかく勘弁という方は、マイクはつけないほうがストレスもたまらないし、稼げるかもしれません。

プロフィールにしっかり声出しNGだと書いておけば、プロフィールを見たお客さんは理解してくれるでしょう。

マイクを付けたほうが稼げる

マイクで話す女性

でも一般的には男性は女性の声を聞きたがります。

特にアダルトサイトはマイクを付けておいた方が稼げます。

マイクなしだとアダルトビデオを音声なしで見ているようなものです。

男性は耳からも性的快感を得る性質がありますので、声があった方がより興奮しますし、満足度も上がります。

また、お客さんの中にはマイクありかなしかで入室するかどうかを判断している人もいます。

そういう人は入室してこないので稼ぐ機会が減少します。

ほかにはプロフィールに声出しNGと書いていても、お客さんの中にはろくに見ないで入室してきて、「声を出せ」という人もいます。

そして声出しNGだと分かると怒って退出することもあります。

そんな目に会うとあなたは気分を害するに違いありません。

感情が伝わりにくい

ハートを送るクマさん

文字だと感情が伝わりにくかったり、誤解を生むことがあります。

たとえば直接会って話をすると簡単に伝えられることが、メールだと相手にうまく伝わらず誤解されたという経験はないでしょうか?

直接話すのに比べて、文章で相手に感情やメッセージを伝えるのは難しいです。

ほかには、もしあなたのタイピングが遅かったら、メッセージを相手に伝えるまでに時間がかかってしまいます。

それでコミュニケーションのリズムが悪くなり、相手を不快にさせてしまうかもしれません。

顧客の満足度を低下させたり、収益の減少にもつながりますので、十分に検討をした上で声出しNGにするかどうか判断した方がよいでしょう。

トーク力はアップさせることができる

会話する女性たち

最初はうまく話せなくても、だんだん経験を積んでいくうちに慣れてきます。

最初は話すときに緊張しても、回数を重ねていくうちにリラックスして話せるようになります。

チャットレディを通じて話し上手になれたら、今後いろいろな人生の場面でも活かすことができますので練習だと思って取り組んでみるのもいいかもしれません。