チャットレディにこれからなろうと思っているあなたは、面接がどんなものなのか不安を感じているかもしれません。

落ちたらどうしようと思っているかもしれませんが、それほど心配することはありません。

それは、チャットレディの会社は何人雇っても損をしないからです。

あなたへの報酬は、あなた自身が仕事をしてお客さんからもらった料金の一部が支払われます。

ですので、あなたが仕事をしない限りは報酬を支払う必要がありません。

チャットレディの会社としては人を雇えば雇うほど儲かる仕組みになっているのです。

だから、チャットレディは特別な場合をのぞいて、ほとんどの人が採用されます。

チャットレディの面接はどんな感じ?

チャットレディ面接

チャットレディの面接は在宅と通勤で内容が違います。

在宅の場合は、登録時に身分証明書を撮影したものを送って、パソコンにつないだカメラのテストをしてちゃんと映るかどうかを確認したら終了です。

そのときにスタッフにいくつか質問されることがあります。

通勤の場合は、勤務先の事務所に行って必要な書類を書いたり、仕事内容の詳細やパソコンの使い方、いろいろな設備の使い方の説明を受けたりします。

面接時の服装は?

チャットレディ服装

通勤の場合は、仕事先の採用担当者やスタッフに会うのでそれなりの服装にしておく必要があります。

スーツでも私服でもいいですが、ある程度フォーマルな格好がよいでしょう。

ラフな格好をしていると、採用担当者の印象を悪くしてしまい不採用になるかもしれません。

在宅の場合は、カメラテストだけで、スタッフに直接会うことはありません。

でもカメラテストのときの服装やメイクがチャットレディにふさわしくないと判断された場合は不採用になるかもしれません。

たとえばパジャマとすっぴんのままでカメラテストをしたら落とされたという人もいるみたいです。

バッチリメイクを決めたり、着飾ったりする必要はありませんが、最低でも外出しても恥ずかしくないような格好をしておいたほうがよいでしょう。

チャットレディの面接で落ちることはある?

チャットレディ不採用チャットレディの面接で落ちることはあります。

でも顔とか容姿に問題があって落とされることはまずありません。

ですので、あなたがもし容姿を気にしているようでしたら心配はいりません。

では、チャットレディの面接に落ちるのはどういう場合なのでしょうか?

在宅の面接で落ちるケース

寝起きのチャットレディ

在宅で面接に落ちるのは以下のようなケースがあります。

  • パソコンの通信速度が遅い
  • 身分証明書の写真と明らかに顔が違う
  • 服装やメイクがふさわしくない

在宅の場合、通信速度が遅いとカメラから映し出される動画がスムーズにお客さんのもとに伝わりません。

なのでチャットレディの業務を行うことが困難だと判断されて不採用になってしまします。

そういった場合は自宅のネット環境を改善してから再度申し込みすると採用されることがあります。

また、身分証明書の写真と、カメラに映し出されたあなたの姿が明らかに違うと判断された場合は不採用になります。

これはチャットレディをする人が身分証明書の人物と同一人物でなければいけないからです。

中には他人の身分証明書を利用して、18歳未満なのにチャットレディをしようとする人もいるらしいです。

そういった違法行為を防止するためです。

通勤の面接で落ちるケース

鼻をほじるチャットレディ

通勤で面接に落ちるのは以下のケースがあります。

  • 言葉遣いがおかしかったり、一般常識に欠けている
  • 服装やメイクがふさわしくない
  • やる気が感じられない

通勤の場合は、直に採用担当者と顔を合わせます。

そのときに、例えば会話の中で敬語が使えなかったり、常識に欠けていると採用担当者が感じた場合は不採用になります。

そういった人をチャットレディとして採用してしまうと、後々お客さんとのトラブルに繋がる可能性が高いからです。

また、あなたにやる気がまるで感じられないときは不採用になります。

やる気のない人を雇っても、すぐにやめてしまうだろうと思われるからです。

そんな人の登録手続きや仕事の説明にスタッフの時間を費やすのは無駄ですので、やる気が感じられなければ採用してもらえません。