チャットレディのサイトに登録するときは、身分証明書が必要です。

これは18歳未満の女性を雇ってしまうと違法行為になってしまうからです。

そうなるとサイトを運営している会社としては、死活問題なので身分証明書とカメラチェックは必ず行っているはずです。

カメラチェックは身分証明書の写真と同一人物かどうかを確認するためです。

過去に身分証明書の人物とは別人がチャットレディをやっていたことが発覚してこのチェックを行うようになりました。

身分証明書を見せても本当に大丈夫?

悩む女性

とはいっても身分証明書を見せて悪用されることがないのか心配ですよね?

本当に見せても大丈夫なのでしょうか?

はい、見せても大丈夫です。

でも、これはちゃんとした大手のサイトの場合です。

大手サイトは安心

ガッツポーズをする女性

ちゃんとした大手のサイトは運営歴も長く、情報管理が徹底されていますので、身分証明書のデータや個人情報が外に漏れてしまうことはありません。

逆に漏れてしまったら、今はネットが発達している時代なので、あっという間にそのサイトの悪評が口コミで広まってしまいます。

そうすると誰もそのチャットレディのサイトには登録しなくなりますよね?

だからサイトにとってダメージが大きすぎるので情報管理は本当にしっかりしています。

また、基本的に何かで身分証明書を提示するのは、本人でなければ効力がないので他人が提示しても意味がありません。

ですので悪用されることもまずないでしょう。

無名なサイトに注意

目を回す女性

ただ、あまり知られていない降って湧いて出たようなチャットレディのサイトに登録してしまうと、情報の管理がずさんで、身分証明書のデータが外部に漏れてしまったり、悪用されてしまう可能性があります。

外部に情報がもれてしまうと、あなたの元に迷惑メールが来るようになったり、電話がかかってきたり、変な郵送物が送られてきたりするかもしれません。

また、もしあなたがチャットレディをしていることを誰かに知られたくない場合、それをネタにユスリにあう可能性もあります。

フィッシング詐欺に会うことも

フィッシング詐欺

ほかにはチャットレディの登録と見せかけて、実は身分証明書の個人情報を集めるフィッシングサイトだったということもあり得ます。

こういった個人情報は裏で販売することができますからね。

まずサイトの運営者情報に会社の住所や電話番号が書かれていないところは、疑った方がいいと思います。

住所や電話番号を明かさないということは、後ろめたいことをしているという風にも考えられます。

ですので怪しいサイトには簡単に登録をしないように気をつけるべきだと思います。

心配ならあなたが働きたいチャットのサイトを実際に見てみて、ちゃんと運営されているのかを確認してから登録したほうがいいかもしれません。

そのサイトに待機中の女性がたくさんいるのであれば、そこは女性にとって働きやすい、しっかりとした運営がされていると考えられます。