チャットレディをしていると、お客さんにLINEやメールアドレスを聞かれることがあります。

  • お客さんを逃したくない
  • 断り方が思い浮かばない

こんな理由で教えてしまう人もいるみたいですが、LINEやメルアドをお客さんに教えるのはおすすめしません。

LINEやメルアドをお客さんが聞いてくる理由は?

LINEのIDを聞かれる女性

LINEやメルアドをお客さんが聞いてくる理由はひとつしかありません。

お金をかけずにあなたとタダでやりとりをしたいからです。

LINEやメルアドを交換すれば、わざわざライブチャットサイトにアクセスしてお金をかけなくても、あなたとやり取りができると考えています。

さらに言うなら、LINEやメルアドで口説いて、あなたと実際に会ってエッチをしたいと考えています。

このようにライブチャットサイトを利用しているお客さんの中には、出会い系サイトと勘違いしている人がいます。

またチャット中はあなたが好意的に接してくれるので、恋人関係になれるのではないかと勘違いするお客さんがいます。

LINEやメルアドを教えるのはメリットなし

バツマークを出すウサギ

あなたはお客さんとの出会いを目的としてチャットレディの仕事をしているのではないはずです。

あくまでもお金稼ぎのためにお客さんとやりとりをしているはずです。

LINEやメルアドを教えてしまうと、お客さんに無料の連絡手段を与えてしまうことになり、デメリットが大きいです。

サイト内でメールを受信することによって報酬をもらえるところもありますが、それがLINEやフリーメールに置き換えられてしまうので報酬がパーになります。

本来チャットで話すべきことも、ひょっとしたらLINEやフリーメールに置き換えられてしまうかもしれません。

お客さんは無料の連絡手段を手に入れたし、あなたに会いたいので、ガンガンLINEやメールをしてきます。

でもあなたはお客さんに会いたくないでしょうし、LINEやメールに返信をするのも面倒くさいはずです。

ですのでそんな状況にならないようにするためにLINEやメルアドは教えないようにしましょう。

無視すると客を逃す

財布を見て悩む女性

LINEやメルアドを聞かれたからといってただ無視をするだけだと、みすみすお客さんを逃してしまうことになります。

だからといってあからさまに「教えません」ときっぱり言って断っても、お客さんはあなたから離れていってしまいます。

ですのでお客さんの納得できる形で、LINEやメルアドを教えられない理由を伝えなくてはいけません。

そのためには、お客さんのことは好きだけど別のことが理由で教えられないと言うのがベストだと思います。

LINEやメルアドを聞かれたときの断り方

OKをする女性

ほとんどのサイトでLINEやメルアドを教える行為は禁止されているはずです。

そのことをお客さんに伝えましょう。

例1

「〇〇さんのことは気になっています。

でもこのサイトではLINEのIDを教えてはいけない決まりになっているの。

このサイトにはお世話になっているからLINEでやり取りするのは後ろめたい気持ちがあるし、違反したのがバレるとクビになって給料を払ってもらえなくなるの。

私はこのお仕事が好きだからこれからも続けたいと思ってます。

だからこのサイトの中でお話ししましょう。」

 

ほかには、仕事や日常生活が忙しすぎてLINEをしても返信できないという理由をつけて断る方法もあります。

例2

「〇〇さんとお話しするのは楽しいから、LINEでもつながりたい気持ちはあります。

でも私には病気の親と子供がいるから、世話をしないといけないし、働いてお金を稼がないとといけないの。

チャットをしているとき以外でも忙しくて、LINEをくれたとしても返信する時間がないの。

だからこのサイトの中で楽しく話をしたいな。」

この断り方をする場合は、自分がいつも忙しいということをお客さんとのやりとりの中でにおわせておかなくてはいけません。

いつも暇だと言っているのに突然忙しいと言ってしまうと、相手に信用してもらえないですし、機嫌を損ねることになります。

断ってもしつこく聞かれた場合

ちゃんと理由を説明すれば、大抵のお客さんは納得してくれるはずです。

しかし中には自分本位な人や変わった人がいて、いくらお断りしてもしつこくLINEやメルアドを聞いてくる場合があります。

そういったお客さんはあなたにとっての良客にはなり得ないので、サイトの運営に連絡してそのお客さんを拒否設定にした方がいいでしょう。